新時代の介護をTOKYOから

東京都補助金申請を支援します

サンタフェ総合研究所(SFRI)が解決できること

施設管理者様「現場が使えないと思う/補助金書類に何を書けばいいのか」 東京都「多くの施設で効率化されてほしい/補助金の効果を検証したい」

実績

  • ・善光会の運営するフロース東糀谷で100機種以上を運用
  • ・自社で介護支援機器を開発
  • ・人員効率全国トップレベル達成※ ※特別養護老人ホームにおいて

ノウハウ

  • ・社会福祉法人善光会において、国の開発費用助成金承認実績あり
  • ・メーカー共同開発による効果検証実証
  • ・介護ロボット機器運用に関する新介護資格の創設
令和2年度新補助金「次世代介護機器の活用支援事業」に関する
各種業務を支援します。

簡単な解決案

現場が活用できない。
してくれない。

所要時間比率(30h/DAY)

移乗
9.8%
食事介助
9.2%
ベット上排泄介助
8.7%
PC入力
7.8%
配膳
7.3%
更衣
7.1%

最も負担が大きい業務にアプローチ
業務負担が減ることを職員に対して定量的に訴求

コストに見合うだけの
パフォーマンスがでるのか。

※コストパフォーマンス評価の一例

排泄予測
デバイス
A製品
356円/cp
B製品
516円/cp
睡眠記録
デバイス
C製品
1,200円/cp
D製品
766円/cp
総合ケア
システム
E製品
6,500円/cp

コストパフォーマンスを定量的に評価し、導入の意思決定を支援

業務分析等からどの機器を
導入すれば最も効果的かご提案

施設様の負担が最小限となるよう支援

  • 事前業務アンケート

  • 業務状況確認

  • 業務状況ヒアリング

  • 導入意思決定

  • 【導入機器ご提案】 コスパ及び導入効果予測のご説明

  • 書類押印・提出

  • 補助金申請書類作成 面倒な書類関係もすべてお任せください

  • 機器購入

  • (機器販売事業者ご紹介)※任意(オプション)

  • 機器搬入

  • 機器導入支援 → 介護ロボット機器を現場が運用できるように支援。

  • 報告受領

  • 導入状況確認 ・報告 → 導入の効果を定量的に表現した報告書の作成を支援。

  • 書類押印・提出

  • 効果検証・補助金報告書作成

業務コンサル部分も補助金対象

業務量を低減

業務量を低減

定量的で質の高い成果を支援

定量的で質の高い成果を支援

補助金への不安と解決

補助金を有効活用してみませんか?

施設管理者様
  • ・導入効果がわからない。そもそも入れて意味があるのか知りたい。
  • ・導入してもうちの職員では活用することなんてできない。
  • ・補助金を使うと改善結果の報告などが面倒。
  • ・どんな機器を入れたらいいのかわからない。
  • ・申請書はかけても報告書なんて書けない。

その課題、私たちが解決します

サンタフェ総研
  • ・現場を持っている私たちだからこそご提案できる現場とのやりとり
  • ・必要に応じてPTを立ち上げて、円滑な導入を支援
  • ・導入することに対するメリットを訴求し、現場からの抵抗感を低減
  • ・活用方法は現場にも考えてもらうことで継続的な改善ができる施設へ
  • ・独自のアルゴリズムにより、各機器のパフォーマンスを定量的に評価
  • ・コストに対するパフォーマンスを評価し、意思決定を迅速に行えるようにサポート
  • ・実証実験を積極的に行ってきたため、導入前と導入後の業務診断をスムーズに実施
  • ・補助金の効果測定を簡潔に実施

サービス実施までの流れ

サービス実施までの流れ サービス実施までの流れ

お問い合わせ

* は必須 * *の「メールアドレス」「連絡先電話番号」は、いずれかは必須となります

企業名/施設名 *
部署名
名前 *
フリガナ *
メールアドレス**
電話番号**
お問い合わせ内容 *

個人情報は、法令の定めのある場合を除き、事前の同意を得ることなく本利用目的以外に使用しません。