「介護ロボットの活用に向けた人材育成に関する調査研究事業」報告書を公開しました

2020年05月08日

 この度、社会福祉法人善光会(住所:東京都大田区東糀谷6-4-17 TEL:03-5735-8080 理事長:梅田茂)のサンタフェ総合研究所は、「介護ロボットの活用に向けた人材育成に関する調査研究事業」(令和元年度老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費等補助金)国庫補助協議 採択事業)の最終報告書、および本事業で作成したガイドラインを公開しましたことをお知らせいたします。

 

<背景>

 高齢化に伴う介護需要の増加、および少子化の影響による日本の労働人口の減少により介護現場における人材の需給ギャップがますます拡大していく中で、限られた介護人材でも介護サービスの質の維持・向上と介護現場の業務効率化の両立を達成することが必要不可欠です。その手段の一つとして「介護ロボット」が注目され、国として導入の補助制度が整えられ、介護福祉士養成課程の新カリキュラムや高等学校学習指導要領(福祉)にも2018 年に介護ロボットが明記されています。
 本事業では、介護ロボットの活用に向けた人材育成に焦点を当て、介護現場において介護ロボット等の機器を活用して、介護サービスの質の維持・向上と介護現場の業務効率化の両立を実現する介護人材の教育のため、有識者を委員に迎えて調査研究、および人材教育のためのガイドライン策定をいたしました。

・報告書(第1章、第2章)   ダウンロードはこちら<<

・報告書(第3章、第4章)   ダウンロードはこちら<<

・報告書(参考資料)     ダウンロードはこちら<<

・ガイドライン        ダウンロードはこちら<<