文科省 VRを活用した専修学校における実証研究、成果報告会が開催されます

 この度、社会福祉法人善光会(所在地:東京都大田区東糀谷6-4-17 TEL:03-5735-8080 理事長:梅田茂 以下、善光会)サンタフェ総合研究所は、学校法人敬心学園 職業教育研究開発センター(以下、敬心学園)が受託した文部科学省「VRやARなどの先端技術を利活用した現場実践能力の高い専門的対人援助職員の効果的な養成プログラム開発に関する実証研究事業」において、実証委員会の委員長、および事務局コーディネーターとして参加し、2021年2月12日に成果報告会が開催されますことをお知らせいたします。

文部科学省委託 「専修学校における先端技術利活用実証研究」
VRやARなどの先端技術を利活用した現場実践能力の高い専門的対人援助職員の効果的な養成プログラム開発に関する実証研究事業 成果報告会
チラシはこちら<<

 

■成果報告会の概要
 敬心学園において、 本年度の文部科学省の委託事業として「未来の専修学校の教育にどう先端技術を活用するか?」をテーマに、教育プログラムの制作、および専修学校における実証調査を実施いたしました。本報告会では、本年度の事業内容のご紹介、およびその成果についてお話をしたのち、実際に本事業で用いられたVRを体験いただきます。
 善光会は、本事業の実証委員会の委員長、事務局コーディネーターに参画しております。

■詳細

(1)日時|2021年2月12日(金)10:00~12:00
(2)場所|TAP高田馬場 東京都新宿区高田馬場1-31-18高田馬場センタービル3階
(3)参加費|無料
(4)参加申込|FAX、もしくはメール
        FAX申込用紙のダウンロードはこちら<<
        メールアドレス:m.watanabe@keishin group.jp(敬心学園 渡邉様)
(5)申込期日|2021年2月1日(月)まで ※先着順

 善光会は、高齢化や技術発展等の経営環境が著しく変化する状況下において、さらに多くの団体様との連携強化を図り、善光会が掲げる「オペレーションの模範となる」「業界の行く末を担う先導者となる」という二つの理念のもと、持続可能な介護事業モデルの確立に貢献していきます。

ニュース一覧へ