Smart Care Operating Platform

社会福祉法人善光会
サンタフェ総合研究所 福田 将之

 

【介護人材不足と介護ロボット】
日本の介護現場では介護士の人材不足が大きな課題となっています。
介護士がいないから介護サービスが提供できない。介護サービスが提供できないから介護を必要とする人が適切な介護を受けられない。適切な介護を受けられないから介護離職等が発生する。といった問題が発生しています。

その課題に対する解決方法の一つとして期待されているのが介護ロボットによる省力化です。

介護人材の供給量を増やすだけでなく介護人材の需要量を減らすことで、介護サービスを提供していくことができると考えられています。

【介護ロボットの普及】
しかし、まだまだ介護ロボットが普及していないのが現状です。

普及しない要因は様々ありますが、コストの高さや使用方法、導入効果がわかりにくいことなどが一般的な理由として挙げられます。コストの中には本体代金だけでなく教育やオペレーション変更に伴う業務量の増加といった目に見えにくいコストも含まれています。

【社会課題の解決に向けて】
介護ロボットが普及し介護人材の需要量を抑制することで、今後も質の高い介護サービスを持続可能な状態とするために、サンタフェ総合研究所では「Smart Care Operating Platform」通称「SCOP(スコップ)」を開発しています。

SCOPでは、各介護ロボットを一つのアプリケーションで操作できるようにするといった使用方法の簡素化によって、介護ロボットの普及を促進するとともに、介護ロボットメーカーの方に対して施設での課題や現場の意見を届ける仕組みによって、より介護現場が求める開発を低コストで実現できることを目指しています。

現場が介護ロボットを使いこなすためのコストや介護ロボットメーカーの方が開発コストが抑えられることによって、全国の介護現場で効率的なオペレーションが構築されれば、高齢化という社会課題に対して一つの解決策を提示できるのではないかと考えています。

◆スマート介護プラットフォーム「SCOP」◆
介護業界初、他社連携を前提とした介護ロボット・ICT機器連携プラットフォーム。介護の質の向上・生産性の向上 低コストで誰にも負担なく

SCOPの第一弾は5月末のリリースを予定しています。

コラム一覧へ