News List

ニュース一覧

善光会が、経済産業省の地域DX促進活動支援事業に参画します。 ケアテックによるDX推進コミュニティの一員として全国各地域における介護事業所の生産性向上を支援します。

2022.08.23

社会福祉法人善光会
サンタフェ総合研究所 広報担当
TEL:03-5735-8080

この度、社会福祉法人善光会(住所:東京都大田区東糀谷6-4-17 TEL:03-5735-8080 理事長:西田日出美 以下「善光会」) サンタフェ総合研究所(以下「当研究所」)は、経済産業省 令和4年度「地域新成長産業創出促進事業費補助金(以下地域DX促進活動支援事業)」にて、「ケアテックによる地域介護事業所のDX推進コミュニティ」の構成員として参画し、地域介護事業所のDX推進による生産性向上支援を実施していきますことをご報告いたします。

 

■ 経済産業省 地域DX促進活動支援事業「ケアテックによる地域介護事業所のDX推進コミュニティ」について                                

 経済産業省は、本年度、DXを強力に推進し地域企業の生産性を向上させるため、地域DX促進活動支援事業を実施いたします。介護領域では、本事業の事業者として一般社団法人ケアテック協会が採択を受けています。「ケアテックによる地域介護事業所のDX推進コミュニティ」が創設され、コミュニティの一員である善光会がDXによる地域介護事業所の支援を実施します。当コミュニティは産官学金様々な構成員からなり、茨城・神奈川・千葉・静岡地域のほか全国各地にて、介護事業所へのDX化に向けた戦略策定支援やケアテックベンダーとのマッチング支援など様々な活動を行います。また、善光会の宮本隆史(善光会理事・最高執行責任者、一般社団法人日本ケアテック協会理事)が総括事業代表者を務めます。

 

■当会が参画する理由

高齢者人口の増加と生産年齢人口の減少が進展する中、介護サービスの持続的な提供のため、介護現場の生産性向上が求められています。しかしながら、業務分析や機器選定の煩雑さが障壁となり、介護施設の生産性向上が進んでいるとはいいがたいのが実情です。善光会は「オペレーションの模範となる」「業界の行く末を担う先導者となる」という二つの理念のもと、オペレーションの最適化とテクノロジーの活用を推進するため、厚生労働省などの実証事業に積極的に参画し、自治体における介護DXによる生産性向上モデルの確立を支援して参りました。今後、介護業界の生産性向上の取組を押し進めるためにも、当コミュニティに参画することと致しました。

 

■善光会が構成員として参加する取組

① 地域DX支援アドバイザー
地域介護事業所の経営分析や課題抽出をもとに介護DX戦略の立案を支援します。
② 人材育成支援
スマート介護士資格を通し、地域介護事業所におけるDX人材の育成を支援します。
③ ケアテックベンダー
介護システムSCOPを自社開発したノウハウを活かし各種システムの導入を支援します。

 

■参考
経済産業省 令和4年度「地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域DX促進活動支援事業)」に係る補助事業者の採択結果について

一般社団法人日本ケアテック協会 経済産業省 令和4年度 「地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域DX促進活動支援事業)」の採択について

サンタフェ総合研究所のSNS

サンタフェ総合研究所の

SNS

SNSにて日々、様々な情報をアップしております。
ご興味のある方は下記リンクからお待ちしております。